BLEACH

基本データ

作品名:
BLEACH
BLEACHシリーズ)
よみがな:
ブリーチ
放送:
2004年 10月
話数:
全 366 話
制作:
studioぴえろ
みんなの評価:
話題性:
14
累計平均売上:
1,922 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

死神(CV: 中村悠一)代行篇

単行本:1巻 - 8巻、アニメ版:第1話 - 第20話(計20話)

霊感が強い高校生・黒崎一護(CV: 森田成一)は、悪霊退治に来た死神・朽木ルキア(CV: 折笠富美子)と出会う。最初は死神の存在を信じなかった一護だが、人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)に襲われたことでルキアを信じざるを得なくなる。家族を悪霊との騒動に巻き込まない為に虚に立ち向かう一護だったが、普通の高校生が虚に敵うはずがなく、一護を庇ったルキアは重傷を負ってしまう。絶望的状況の中、ルキアは最後の手段として一護に死神の力を分け与えることを提案し、一護は死神となって虚を退治した。

しかし、ルキアの予想以上に一護が死神の力を吸い取ってしまった為、ルキアは死神としての力をほとんど失ってしまう。そこでルキアは、自身の力が回復するまで、一護に死神代行を務めるよう迫る。一度は断る一護だが、ルキアに家族を救われた恩に報いるため、死神代行を引き受け、様々な騒動に巻き込まれていく。

尸魂界篇

尸魂界潜入篇

単行本:9巻 - 14巻、アニメ版:第21話 - 第41話(計21話)

やむを得ない事情があったとはいえ、死神が人間に力を与えるのは死神の世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)では重罪だった。ルキアは一護に霊力を与えた罪で尸魂界から現世に派遣された死神の六番隊隊長・朽木(CV: 神田朱未)(CV: 置鮎龍太郎)と副隊長・阿散井恋次(CV: 伊藤健太郎)に連行され、それを阻止しようとした一護も彼らとの戦いで重傷を負い死神の力を失ってしまう。一護はルキアを助けるため、浦原喜助(CV: 三木眞一郎)をはじめとする浦原商店の面々との修行の末、借り物ではない“自身の内に眠っていた”死神の力を取り戻したあと、人語を繰る謎の黒猫・夜一(CV: 斎藤志郎)に先導され、同級生である井上織姫(CV: 松岡由貴)茶渡泰虎(CV: 安元洋貴)(チャド)・石田雨竜(CV: 杉山紀彰)と共に尸魂界へ潜入する。

一護たちは死神の活動拠点・瀞霊廷の門番・兕丹坊(CV: 長嶝高士)を退け侵入を試みるものの、三番隊隊長・市丸ギン(CV: 遊佐浩二)の妨害で失敗。だが夜一の友人である花火師・志波空鶴(CV: 平松晶子)の協力により、空鶴の弟・岩鷲と共に瀞霊廷へ強行侵入を果たす。侵入の際に離散してしまった一護らは個々に死神と交戦することになる。そんな中、一護と岩鷲はルキアを助けたいと願う四番隊隊員・山田花太郎(CV: 宮田幸季)と偶然知り合い、彼の案内でルキアが囚われている懺罪宮を目指すが、そこへ恋次や十一番隊隊長・更木(CV: 山口太郎)(CV: 立木文彦)が立ちはだかる。

一方、瀞霊廷ではもう一つ重大な事件が起こっていた。ルキアの処刑に疑問を抱いていた五番隊隊長・藍染惣右介(CV: 速水奨)が暗殺されたのである。

尸魂界救出篇

単行本:14巻 - 21巻、アニメ版:第42話 - 第63話(計22話)

重傷ながらもルキアが囚われている懺罪宮に辿り着いた一護は白哉と交戦する。が、突如現れた夜一が戦いを中断し、白哉達に3日間の休戦を宣告し一護を連れ姿をくらます。一護は夜一に連れられた場所で斬魄刀戦術の最終奥義【卍解】を3日で修得する修行に入った。

一方、藍染隊長殺害事件を独自に調査していた十番隊隊長・日番谷冬獅郎(CV: 朴璐美)は容疑者として市丸と対峙するが、幼馴染の五番隊副隊長・雛森桃(CV: 佐久間紅美)に藍染殺害の嫌疑を掛けられ、市丸を逃がしてしまう。市丸の思惑がルキアの処刑にあるとにらんだ日番谷は部下の十番隊副隊長・松本乱菊(CV: 松谷彼哉)と共に処刑を止めに向かう。そんな折ルキアの処刑は期日が早まる。突然の処刑時間の変更は死神たちの考えも二分する事になり、現場も混乱の一途を辿る。

処刑当日、織姫は一護との再戦を目論む剣八とその部下達の協力により囚われた石田らを脱出させ、共にルキアの処刑場へ向かう。そこに七番隊と九番隊の隊長格4名が現れ、剣八とその部下・斑目一角(CV: 檜山修之)綾瀬川弓親(CV: 福山潤)は彼らと対決することになる。恋次も幼馴染であるルキア救出を決意し白哉と剣を交える。そして処刑が始まった瞬間、死を決意したルキアの前に一護が駆けつける。

それぞれの信念や正義や想いを賭けた死闘の火蓋が切られる中、次第にこの騒動の裏に隠された真実と陰謀が明らかになっていく。

破面篇

破面出現篇

単行本:21巻 - 26巻、アニメ版:第110話 - 第127話・第138話 - 第143話(計34話)

尸魂界から帰った一護達。虚退治に奔走する中、奇妙な転校生・平子真子(CV: 小野坂昌也)が現れる。彼は死神から虚の領域に足を踏み入れた者「仮面の軍勢(ヴァイザード)」だった。一方、藍染の影を感じ、一護の父・一心も死神復帰する。ほどなくして空座町に藍染の配下の破面(アランカル)・ウルキオラ(CV: 浪川大輔)らが襲撃、その戦闘能力に一護らは驚愕する。

この事態に尸魂界はルキア・恋次・日番谷ら対破面の先遣隊を現世に送り込むが、グリムジョー(CV: 諏訪部順一)ら複数の破面が再び来襲、斬魄刀の能力を開放した隊長格の死神や卍解状態の一護でも破面に苦戦させられる。無力さを痛感した一護は、内なる虚を抑えるべく自ら仮面の軍勢の元を訪れる。一方、日番谷らは山本総隊長から藍染の真の目的を告げられる。そんな中、破面達が3度目の襲撃を仕掛けてくる。

虚圏救出篇

単行本:26巻後半 - 35巻、アニメ版:第144話 - 第146話・第150話 - 第167話・第190話 - 第203話(計35話)

藍染の命によりウルキオラら破面に連れ去られた織姫。尸魂界は本格的な戦いのため先遣隊を引き上げさせ、守りを固める。それに納得できない一護は織姫を救出するため、浦原の助力の下石田・チャドと共に、藍染らのいる虚圏(ウェコムンド)に向かう。死神の力を借りずに虚圏に辿り着いた一護達はネル(CV: 金田朋子)・トゥら珍妙な破面の3人組と出会い、行動を共にする。そして白哉の黙認を得て虚圏に向かったルキア・恋次も一護達と合流、虚夜宮(ラス・ノーチェス)に乗り込んだ一護らは散開して進むことに。

だが、その先には十刃落ち(プリバロン・エスパーダ)、十刃(エスパーダ)ら強大な力を持つ破面たちが待ち受けていた。一方、織姫は藍染に「仲間」として迎えられる。だが自らの能力を理解した織姫は、藍染の持つ崩玉(ほうぎょく)を無に帰さんと画策していた。

破面達との極限の死闘に何度も直面する一護達は時が経つに連れ、次第に満身創痍になっていき、十刃達に追い詰められていく。だが思わぬ人物達が一護達の窮地に駆けつけた。

過去篇

単行本:36巻 - 37巻前半、アニメ版:第206話 - 第212話(計7話)。浦原喜助と平子真子が主人公格。

時間は遡る事110年前。当時藍染が五番隊の副隊長を務めていた頃、仮面の軍勢と呼ばれる前の平子が五番隊の隊長を務め、ひよ里達もまたそれぞれ隊長・副隊長として名を連ねていた。そして前隊長が王属特務へ異動した十二番隊には浦原喜助が隊長に任命される事になる。当時の副隊長のひよ里の反発に遭いながらも、浦原は自分なりに隊長の仕事をする事を決め、技術開発局設立を目指すのだった。

時は流れ101年前、この当時流魂街で謎の"変死事件"が発生。六車拳西(CV: 杉田智和)率いる九番隊が調査に向かうが、そこで発見したものは先遣隊の人数分の、帯が締められたままの死覇装だった。真相究明のために現地に野営する六車九番隊の面々だが、何者かの襲撃を受け、拳西と副官の久南白の霊圧反応が消失。救出に向かった平子達が現地で見たものは変わり果てた拳西の姿だった。

空座決戦篇

単行本:37巻中盤 - 48巻 、アニメ版:第215話 - 第226話・第266話 - 第310話(計57話)

藍染が織姫を連れ去った目的は、尸魂界側の戦力分断だった。藍染は死神代行組と加勢に現れた4人の隊長を虚圏に幽閉、一護達に救出された織姫も突如現れた十刃の1人、スターク(CV: 小山力也)により再び捕われてしまう。更に3番以上の数字を持つ十刃のスターク、バラガン、ハリベル(CV: 緒方恵美)とその従属官を連れて現世の空座町へと進攻、ウルキオラは藍染の命を受け織姫のいる虚夜宮で待ち構えていた。

しかし、空座町は山本総隊長の命を受けた浦原が作った転界結柱により空座町のレプリカへと入れ換えていた。現世に現れた護廷十三隊全隊長格と藍染一派はレプリカの空座町で総力戦を展開、一方の虚圏では死神代行組らの反撃が開始され、一護もまたウルキオラとの最後の戦いに挑む。やがて仮面の軍勢も介入した空座町決戦は互いの勢力を削ぎ落とす熾烈さを極めていく。

戦いの最中、ウルキオラと決着をつけた一護は現世に帰還。隊長格が次々と倒れる中、参戦した一心・浦原・夜一と藍染を迎え撃つが、崩玉と融合した藍染の力を前になす術もなく、本物の空座町への侵攻を許してしまう。藍染の魔手が有沢竜貴ら一護のクラスメイト達にも及ぼうとする中、空座町の、そして世界の命運を賭けた決戦は、新たな力「最後の月牙天衝」を修得した一護と崩玉の力で完全覚醒した藍染の戦いで終止符が打たれようとしていた。

死神代行消失篇

単行本:49巻 - 54巻、アニメ版:343話 - 366話(計24話)

藍染との決戦を制して空座町を護った代償に、死神の力と生まれ持った霊力を失った一護。死闘から17ヵ月後、あらゆる霊なる物と断絶し、高校3年生として平穏な生活を送っていた一護の前に、代行証を持った謎の男・銀城空吾が現れる。一心の素性を知る銀城に揺さぶりを掛けられた一護は、夏梨が浦原の元を訪ねていることを知る。更に石田が謎の敵の襲撃に遭い、自らの与り知らない所で何かが起きていることを悟った一護は、自身の無力さを痛感し、銀城率いる集団「XCUTION」の元へ足を運ぶ。そこで明らかになった銀城達の目的は一護に死神の力を取り戻させることだった。

千年血戦篇

単行本:55巻 -

尸魂界で突然、大量の虚の完全消滅が次々と観測された場面から物語が始まる。

死神代行として現世で活動していた一護達だったが、尸魂界から新たな2名の死神が現世に派遣されてきて間もなく、雨竜と同じような攻撃を行う破面と思しき人物の襲撃を受ける。それを皮切りに尸魂界では「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」という名の組織からの襲撃を受け、一番隊副隊長の部長(CV: 中村悠一)次郎(CV: 山口太郎)忠息を始め、多数の死神が殺害されると共に宣戦布告を受ける。一方一護は突如現世に来訪してきたネル達から、虚圏でも「見えざる帝国」の襲撃を受け、藍染達無き後に実質的に虚圏を統括していた第3十刃のティア・ハリベルが囚われの身となり、虚圏が帝国の占領下に置かれた話を聞かされる。

尸魂界では様々な状況や調査の結果から、「見えざる帝国」とは滅んだはずの『滅却師』の集団である事を突き止め、ネル達と共に虚圏に再度来訪した一護達も対峙した敵からその事実を聞かされるのだった。そして、「見えざる帝国」による尸魂界への侵攻が始まる。護廷十三隊による必死の防戦や一護の加勢で辛くも撤退せしめるが、尸魂界が受けた被害は甚大であり、特に護廷十三隊は山本元柳斎重國(CV: 塚田正昭)総隊長をはじめとする多くの死神が戦死するほどの凄絶なものだった。

キャスト

黒崎一護 森田成一
朽木ルキア 折笠富美子
井上織姫 松岡由貴
石田雨竜 杉山紀彰
茶渡泰虎 安元洋貴
斬月 菅生隆之
有沢たつき 野田順子
黒崎一心 森川智之
黒崎夏梨 釘宮理恵
黒崎遊子 瀬那歩美
黒崎真咲 大原さやか
コン 真殿光昭
浦原喜助 三木眞一郎
四楓院夜一 雪野五月
夜一 斎藤志郎
握菱テッサイ 梁田清之
花刈ジン太 本田貴子
紬屋雨 下屋則子
ドン・観音寺 千葉繁
浅野啓吾 小西克幸
小島水色 福山潤
本匠千鶴 中島沙樹
小川みちる 真田アサミ
国枝鈴 生天目仁美
夏井真花 納見佳容
越智美諭 生天目仁美
鍵根先生 中多和宏
石田竜弦 成田剣
椿鬼 森川智之
浅野みず穂 茂呂田かおる
山本元柳斎重國 塚田正昭
雀部長次郎 山口太郎
砕蜂 川上とも子
大前田希千代 樫井笙人
吉良イヅル 櫻井孝宏
卯ノ花烈 久川綾
虎徹勇音 ゆかな
伊江村八十千和 青山穣
山田花太郎 宮田幸季
雛森桃 佐久間紅美
朽木白哉 置鮎龍太郎
阿散井恋次 伊藤健太郎
蛇尾丸 古澤徹
理吉 中井将貴
狗村左陣 稲田徹
射場鉄左衛門 西凛太朗
一貫坂慈楼坊 中多和宏
京楽春水 大塚明夫
伊勢七緒 生天目仁美
乗寺辰房 桜井敏治
檜佐木修兵 小西克幸
梅定敏盛 飯島肇
日番谷冬獅郎 朴璐美
松本乱菊 松谷彼哉
竹添幸吉郎 望月健一
更木剣八 立木文彦
草鹿やちる 望月久代
斑目一角 檜山修之
綾瀬川弓親 福山潤
荒巻真木造 長島雄一
涅マユリ 中尾隆聖
涅ネム 釘宮理恵
浮竹十四郎 石川英郎
小椿仙太郎 遠近孝一
虎徹清音 西村ちなみ
志波海燕 関俊彦
志波都 島本須美
車谷善之助 矢部雅史
兕丹坊 長嶝高士
阿近 奥田啓人
壺府リン 斉木美帆
鵯州 松本考平
志波空鶴 平松晶子
志波岩鷲 高木渉
朽木緋真 折笠富美子
死神 中村悠一
技術開発局員 飛田展男
平子真子 小野坂昌也
猿柿ひよ里 高木礼子
ローズ 樫井笙人
矢胴丸リサ 服部加奈子
有昭田鉢玄 長嶝高士
羅武 稲田徹
神田朱未
六車拳西 杉田智和
藍染惣右介 速水奨
市丸ギン 遊佐浩二
東仙要 森川智之
ウルキオラ 浪川大輔
グリムジョー 諏訪部順一
ノイトラ 神奈延年
ルピ 岸尾だいすけ
ゾマリ 楠大典
ザエルアポロ 鳥海浩輔
ヤミー 乃村健次
ハリベル 緒方恵美
スターク 小山力也
シャウロン 田中秀幸
エドラド 楠大典
イールフォルト 遠近孝一
ディ・ロイ 近藤隆
ナキーム 武虎
デモウラ 飯島肇
アイスリンガー 竹本英史
ワンダーワイス 菅沼久義
ロリ 武田華
メノリ 原田ひとみ
ネル 金田朋子
ドンドチャッカ 郷里大輔
ペッシェ 子安武人
バワバワ 安元洋貴
ルヌガンガ 武虎
ドルドーニ 石井康嗣
チルッチ 桑島法子
アーロニーロ 関俊彦
ガンテンバイン 船木真人
エクセキアス隊長 山口太郎
グランドフィッシャー 茶風林
伝令 櫛田泰道
りりん かかずゆみ
蔵人 飛田展男
之芭 杉田智和
狩矢神 大川透
狩矢神(少年) 生天目仁美
蘭島 勝生真沙子
相馬芳野 勝生真沙子
ゲーテ 杉田智和
宇田川稜 咲野俊介
フリード 斉木美帆
鵬・磐 阪口大助
古賀剛 古澤徹
ダルク 本田貴子
馬橋 小野大輔
リズ 真田アサミ
ヨシ 沢海陽子
山口太郎
國府田マリ子
宇柿 鈴木勝美
沢渡 藤本譲
バウラ 黒田崇矢
ケイン 藤本隆行
一之瀬真樹 千葉進歩
西堂榮吉郎 桐本琢也
豊川翔太 高木礼子
豊川唯 落合祐里香
破面もどき 天田益男
雑貨店店員 中村悠一
キャプテン 寺島拓篤
ビン太 真田アサミ
ウサカ 野田順子
ドニー 瀬那歩美
部員 ヤスヒロ
部員 小田久史
部員 高橋伸也
飯島真治 柿原徹也
部長 中村悠一
審判 松岡大介
敵副将 武虎
桃山へいた 樫井笙人
へいたの母 滝沢久美子
みゆき 川田妙子
警官 近藤隆
パトラス 金尾哲夫
メニス 小田久史
アルデゴル 三宅健太
アシド 加瀬康之
テレスホルカン 黒田崇矢
アロマゾン 杉崎亮
ベキュネス 矢部雅史
パラテラウル 中村悠一
天貝繍助 堀内賢雄
貴船理 緑川光
霞大路瑠璃千代 高木礼子
犬龍 高橋広樹
村正 中村悠一
袖白雪 園崎未恵
雀蜂 辻あゆみ
千本桜 平川大輔
天譴 木村雅史
花天狂骨 藤村歩
双魚理 嶋村侑
飛梅 藤村歩
蛇尾丸(猿) 斎賀みつき
蛇尾丸(蛇) 真田アサミ
風死 谷山紀章
灰猫 たかはし智秋
鬼灯丸 武虎
瑠璃色孔雀 寺島拓篤
射場鉄左衛門 西凜太朗

レビュー・感想

だって言ってんでしょ。意味分かります?そこまでして続いてるのはBLEACHが根強く支持されてるからで、オリジナルを入れざるおえない製作者の人の気持ちになって下さい。週刊マンガを長期アニメ化した時点で分かった事。内容は息抜きだと思って、別物として割りきって観れば楽しめます。物語は三番隊中心で続きも気になります。銀魂が大人の事情とか悪ふざけは許されて、BLEACHがふざけた笑いに走ると批判受けるのは何故?シリアスだらけだとそれはそれで批判受けるし。万人受けなんか難しいんですよ。特にBLEACHに対して求める展開が様々で万人を満足さすなんて無理。キャラもイケメン出せばキャラ狙いとか言うし、かと言ってキモ系出せば気持ち悪いだなんだって。キャラが死なないとか言うけど、死んだら批判するの!そういうの他の作品でいっぱい見た。文句あるなら見なくてよろしい。いちいち嫌いな癖に批判にこないで下さい。見ていて気分悪いです。レビューは好きな人が見にきてるんですよ。
やっぱり最初のころのBLEACHには
今のような戦闘シーンに迫力がなかったので、
アニメで見るとすごく面白いですし、
原作での伏線もわかりやすくはられています。
自分の青春時代と言えばドラゴンボール、スラムダンク、幽遊白書でした。今の人達にとってブリーチは幽遊白書的な存在でしょうかね。かろうじてワンピースはドラゴンボールの位置にいるかな。NARUTOは明らかに忍空ファンが描いた新しい忍者マンガでドラゴンボールの位置とまではいかない。スラムダンクの位置はテニスの王子様かな?
伝説のジャンプ黄金時代を青春にしてきた私でもブリーチは面白いと思います。製作も幽遊白書と同じスタジオぴえろ。セル画からデジタルになりましたが、初期のデジタルアニメとは比べものにならないくらい成長しています。最初のデジタルアニメは酷くて、私はセルアニメにこだわっていましたが今なら満足して見れるね。
ここまで来た!!って感じです。原作もますます面白くなってきたし、早く仮面の軍勢を出してくれ〜〜〜っ(>_<*)
ここ最近のドラマCDは、時間が短くて物足りなかったのが残念ポイントでした。
だが、今作については、20分近くの大作になってます。
出演キャラも結構多いので、普通なら満点です・・・普通なら・・・
背景は、カラクラデパートの屋上のお話。
カラクライザーの出し物を始めるドン・観音寺一行のお話です。
そう、ドン・観音寺・・・
本編でもほとんど出場機会のないキャラと、本匠千鶴などのキャラ(すでにこの名前でわからない人多数だろうなwカラクライザー・エロティックですよ)ばかりがたくさん出てきますので、「誰だ、こいつら」となってしまいましたw
かなりディープにファンでないと、入り口で頓挫します。
だって、声だけでキャラの分別がほぼ不可能なんだもの・・・
主役関連は出てきませんよ。
かろうじてウルルとジン太がいるくらいかな?
ただ、最初に言ったように大作なので、それをクリアした人にとっては楽しめます。
まあこの調子で、今後も長めのドラマをお願いしたいとこですね・・・
オープニングがとにかく好き。Bleachらしさが音でも画像でも伝わってきていいです。死神化している時の視界、普通の時の視界を区別できるようになっていてわかりやすいです。チェックしたいのは予告の時の一護!テンション高い高い(>。<)/。しかもまだでないはずの人たちの乱入アリといった新しい予告の手法を用いてます。
ドラマCDのほうは全部で30分くらいです。日番谷隊長が主役な感じがする作品。ほかの隊長さん達もいい味出してます。ちょっと主人公かすむけど、しょうがない!それだけ魅力ある人達ばかりなんですから。
この記念品はBLEACHの最高傑作だと思います
未収録サントラは特典の中でも特に期待してたんですが一曲だけその期待してました曲がこのCDにも未収録でした
そこだけは残念でしたがアニメ版サントラ4に期待します
今日死神代行篇観終わりましたが久々に観てもやっぱり面白いですね
いよいよ次はソウル・ソサエティ篇に突入です
市丸ギンは、かなり好きなキャラなので非情に愉しみです
ボリューム満点のこの商品は一BLEACHファンならば断然愉しめる内容だと考えてます
なので全体的に大満足したとの事で★5をつけました
今回のこのBLEACHアニメ5周年の感謝の品は喩え、前述、未収録曲の件を述べようとも「文句無し」と位置付けるべき事を断ずるに余りある品だと実感出来る程、最高傑作です
以上が私的な感想ですね
自分は原作ファンだったのでアニメはノーチェックだったのですが、
偶然友人にDVDを観せてもらい、観ていなかった事を激しく後悔し
ていました。
愛染があんなにカッコ良く描かれていたなんて…
今回のボックスは、まさに後追いで観はじめた私の様な方にはうっ
てつけです。
とにかく収録話数が半端ないです(笑)
限定アイテムなのが残念ですが、未見の方にオススメです!

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

BLEACHが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。