BTOOOM!

基本データ

作品名:
BTOOOM!
よみがな:
ブトゥーム!
放送:
2012年 10月
話数:
全 12 話
制作:
マッドハウス
みんなの評価:
話題性:
21
累計平均売上:
326 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

定職にも就かず日々オンラインゲーム「BTOOOM!」に没頭する坂本竜太(CV: 本郷奏多)は、ある日南海の孤島のジャングルで目を覚ます。なぜそこにいるのかも分からぬまま、彼は、同じく島に連れ去られて来た人々との爆弾 を駆使した殺し合いリアル版「BTOOOM!」を強いられることになる。

レビュー・感想

1クールに原作の第1部と呼べる部分を詰め込んでいるのでストーリーはスピーディーで面白い。作画も悪くないと思います。ここまでは星5でも良いのですが、主人公とヒロインの(特にヒロイン)声優が下手過ぎます。この作品は爆弾で殺しあうとゆう内容なので声優さんには高い演技力が必要なはずなのに素人レベルの演技力・・・見ていてシラけます。原作ファンなので残念です。
このアニメには終始フラストレーションが溜まります。
冒頭で明かされますが、主人公は世界10位に入るBTOOOMという
バーチャルゲームのトッププレイヤーです。
そんな主人公が無人島に閉じ込められ、バーチャルゲームの
BTOOOMと同じルールでバトルロイヤルをするのが本作です。
世界ランク10位が?一体どんな知能戦とどんな熱い戦いが・・?
と思われるかもしれません。
しかし、このBTOOOMのアニメはまるで主人公が憲法9条信者かのように
反戦主義者で終始逃げの選択ばかりしてまともに戦ってはくれません。
では知略でゲームを攻略していくのかと思えば毎回視聴者が気付くような思考よりも
ずっとずっと後手に回ってくれ、簡単なトラップに引っかかったり、
異常なほど察しが悪かったり、ときには展開の為にこじつけたような意味不明な行 ...
原作を揃えてるものですがアニメ化してくれて非常に嬉しいです
原作では主人公も精神的に成長していて御都合主義な所はありますが主人公なので置いときます
坂本の格好良さはラノベの量産された主人公とは違う良さがあります
設定も中々面白いです
ただ他の方も思っているとおり途中エンドになるでしょうから残念です
丁寧な仕事をしてくれているスタッフには感謝したいです
原作組です。いつかはなるかもなあ、と思っていたBTOOOM!のアニメ化。
マッドハウスだけあって、さすがのクオリティ。OPEDについては歌のほうも相まって結構お洒落な作りになってます。
とりあえず2話までは様子見。ここからどう化けてくれるかな。
原作数巻既読。
設定やらキャラやらが話題になっていたので、いつかしらはアニメ化されるだろうと夢想していたら案の上のアニメ化。
原作未完状態でのアニメ化なんて一髪を持って千金を引くような真似よくするなと、戦々恐々としながら視聴しました。
現実世界ではニートだが、ネトゲ界では世界屈指の実力をほこる主人公の坂本。 現実世界では母ちゃんに「仕事、仕事」と説諭され、ネトゲ界では「サカモト、世界のサカモト」と羨望視されていた。 しかし、コントローラーを母親目掛け投げつけ、見事壁にめり込ませた日から幾時間。 目覚めると見知らぬ景色が眼前に広がっており……。
プロ声優以外の起用や、作中のキャラのモデルとなった高橋名人を敵側に据えるなど畑蛤を想起させる迷配役で展開した本編。 しかし、慮外に惨憺ではなく許容範囲内の聞くに堪える演技で ...
という終わりになるのが目に見える。個人的には島を脱出した主人公とヒロインが母親と友人に爆殺される展開を希望します。仕事もしないで遊んでばかりの屑ニートの主人公は盛大に吹っ飛んで欲しい。
早い対応をしていただいて、よかったです。
機会があれば、また、お願いしたいと思っています。

おすすめ

BTOOOM!が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。