MASTERキートン

基本データ

作品名:
MASTERキートン
よみがな:
マスターキートン
放送:
1998年 10月
話数:
全 24 話
制作:
マッドハウス
みんなの評価:
話題性:
3
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

ロイズの保険調査員(オプ、つまり探偵)である平賀=キートン(CV: 井上倫宏)・太一(CV: 井上倫宏)は、オックスフォード大学を卒業した考古学者であると同時に、元SASのサバイバル教官でもある。フォークランド紛争や在英イラン大使館人質事件では下士官の隊員として活躍したとされる。

父は日本人の動物学者、母はイギリスの名門の娘。大学時代に日本人女性と学生結婚し、一女をもうけたが、離婚している。別れた妻は、数学者として大学教員を勤めている。本人は考古学の研究に専念したいと思っているが、職もままならない。発掘費用のために調査員を続けるが、過去の経歴からいろいろな依頼が舞い込み、数々の危険な目にも遭ってしまう。

冷戦終結前後の社会情勢、考古学、そして太一をめぐる人々のドラマを描いた作品である。

レビュー・感想

浦沢作品中の最高傑作のアニメ化。期待を裏切らない出来栄えです。
とにかく原作は最高クラスの出来なので、ストーリー自体には問題はありません。
そこにアニメとしての作画・音楽・声優さんの演技が入ったときに作品として、ストーリーの良さを殺さないような出来になるのか?が1番の心配点でしたが、杞憂でしたね。
基本的に1話完結で展開されていくため、原作で連作になっている話は除かれてしまっているのは残念な点ですが、テレビ放送分に未放送の新作を加えて40話に少し足りないくらいは十分かと。欲を言うならば・・・・原作を既読のファンのために「アニメのみのオリジナルエピソード」を数話でもいいから制作してもらいたかったところです。まあ、原作の良さを壊す危険もあったでしょうが・・挑戦して欲しかった。
キートン役の井上さんが、普段は「頼りなさげなやさ男」であるところのキートンの雰囲気を上手く再現していて好感が持てます。娘の百合子も父娘のやり取りがよく似合っています。
評価は当然のように「最高」ですね。
『マスターキートン』は名前だけは聞いたことがあり原作とかは読んだことのない僕ですが、土曜日の朝BSで放送されてる観て初めて知りました。さて、感想ですが・・・おもしろいです。
観たら中々ハマリます。観てないという人は原作からではなく僕のようにアニメから観てみてもいいと思います。
原作が非常に良く出来ているので、当然このアニメも面白いです。
ただ、原作に準拠しているので、原作のファンよりも、むしろ
原作を知らない人の方が楽しめるかも知れません。
原作が好きなので見てみましたが作品の雰囲気が全く違いました。
主要キャラの声、主題歌や挿入歌、物語のペースなど
思っていたものや想像していたものと大きく違い肩透かしくらった気分です
といっても原作再現度はそこそこ高いし
面白いのは間違いないので自分のように変な先入観がない
原作を読んでいない人のほうが楽しめるかもしれません
原作者が、YAWARAよりも好きなこの作品。
連載当時からずっと好きで、コミックスや番外編の「キートン動物記」も買い
読みふけりました。
今もへこむとキートンに助けられる三十路のおっさんな私。
アニメになり、動くし喋るし色が付いている事にまず感動。よく、作品の世界をぶっ壊して歪んだ「オリジナル」になっているものが多い中、この作品は全くないので安心してお勧めできます。
80年代「鬼太郎」のゆめこタンみたいなイメージガールならぬ
「ダメージガール」はおりませんので(笑)。
基本的に一話完結の形ですので、何処から見ても楽しんで頂けます。
見たあとの胸のすく思いも格別な大人のためのアニメです。
ただ私の意見を言わせて頂くと、EDの曲があまり宜しくない、作品にマッチングしてないと思います。
サマープディングって見たことも食べたこともない日本人は私だけじゃないでしょう(笑)。他にもギリシャ神話が登場したり、「ミントは思い出を保つ効果がある」などのウンチクが語られ、少々物知りになれる一話です。
おススメは「交渉人のルール」。誘拐交渉人の存在は比較的知られるようになりましたが、こんなことまでできるキートンの器用さには驚かされます。犯人との駆け引きの場面では巧みな心理戦が展開され、リアルさがあります。
諸般の事情により実質上の絶版となっていた原作がとして復活して喜んでいた。
そこにアニメBD-BOX化と、さらに嬉しい知らせ。
本放送の1998年から1999年当時、地元では放送されていなかったので東京の友人にVHS録画してもらい、
月に一回郵送してもらっていたのを思い出す。
(ちなみにこの友人にはトライガンも録画してもらっていた)
基本的に「原作をそのまま映像にした」、非常に良くできた作品。
OPや音楽も、世界観にちょうどはまっていた。
もちろん、原作のファンが全員満足するものは作れる訳がないので、そのあたりは評者の贔屓もある。
逆に、原作を知らない人のほうが面白いのかもしれない。
懐古&脳内補正がかかっているのは百も承知で、一度見て欲しい。
特に、評者のように「本放送しか見ていないので、全38話のうち24話までしか知らない」当時のファンにも。

おすすめ

MASTERキートンが好きな人には以下の作品がおすすめです。

人気作品ピックアップ

喰霊-零-

喰霊-零-

asread.
2008年 10月 ~

ギルティクラウン

ギルティクラウン

2011年 10月 ~

とらドラ!

とらドラ!

J.C.STAFF
2008年 10月 ~

緋弾のアリア

緋弾のアリア

J.C.STAFF
2011年 4月 ~

マクロスF

マクロスF

サテライト
2008年 4月 ~

STEINS;GATE

STEINS;GATE

WHITE FOX
2011年 4月 ~

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。