PROJECT ARMS

基本データ

作品名:
PROJECT ARMS
ARMSシリーズ)
よみがな:
アームズ
放送:
2001年 4月
話数:
全 26 話
制作:
キョクイチ東京ムービー
みんなの評価:
話題性:
1
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

第一部「覚醒編」
主人公の高槻涼(CV: 神奈延年)は、普通の高校生として幼馴染みの赤木カツミ(CV: 三浦智子)と共に平和な日常を送っていた。しかし転校生・新宮隼人(CV: 三木眞一郎)の出現によりその日常は崩れ去る。隼人の左腕には「ARMS」という兵器が移植されており、それは涼の右腕にも移植されていたのだった。ARMSを巡り謎の秘密結社「エグリゴリ」が暗躍を始める。同じく両足にARMSが移植された巴武士(CV: 上田祐司)と、エグリゴリを裏切った天才少年のアル(CV: 緒方恵美)も加え、ARMSの手がかりを探るべく、エグリゴリによって滅ぼされた隼人の故郷・鐙沢村へと向かう。そしてそこには彼らの出生にまつわる驚愕の真実が隠されていた。
第二部「邂逅編」
鐙沢村でカツミを失って以来、涼は自暴自棄に陥っていた。そこに4人目のARMSの所持者であり、カツミと瓜二つの少女・久留間恵(CV: 高山みなみ)が現れる。そしてエグリゴリに対抗する組織「ブルーメン」からの情報により、カツミが生きている可能性を見出す。しかし、エグリゴリは街全体を巻き込んだ大規模な作戦を画策していた。そして、隼人の父の仇であるキース(CV: 速水奨, 石丸博也, 置鮎龍太郎, 桑島法子, 私市淳, 川津泰彦)の秘密が明かされる。
第三部「進化編」
涼にメッセージとして与えられたカツミの写真。そこにはアリゾナ州と書かれていた。カツミの行方を追うため、涼たちはアメリカに渡る。陰気な田舎町ギャローズベルで涼たちは何者かの襲撃を受ける。彼らはアルのかつての仲間でエグリゴリが産み出した天才児集団「チャペルの子供たち」と彼らが率いる「猟犬部隊」だった。武士とユーゴー(CV: 本間ゆかり)を人質にされ、リーダーとして落ち込む恵。そんな彼女を謎の日本人が導く。一方、アルはオスカーからARMSの起源となった珪素生命体「アザゼル」を見せられる。だが、ギャローズベル殲滅のため、エグリゴリの幹部・キース・シルバー(CV: 川津泰彦)は自ら乗り込んでくるのだった。
第四部「アリス編」
「グランドキャニオンの虐殺」に憤る涼たちはエグリゴリへの反撃を開始する。ニューヨークに赴いた4人はエグリゴリの頭脳・サミュエル・ティリングハースト博士を拉致する。エグリゴリは博士の奪還のため、3人の刺客を送り込む。刺客の一人「牙」ことコウ・カルナギは生身でありながら、隼人と武士を圧倒。カルナギに敗北した隼人の目の前で武士が息絶える。蘇生には成功した武士だったが昏睡状態に陥る。自分を見失った隼人は仲間の下を離れる。そんな彼に“ウインド”と呼ばれる謎の日本人が救いの手を差し伸べる。
頑なに口を閉ざすティリングハーストだったが、涼のただならぬ覚悟を知り、遂に重い口を開く。彼が語るアザゼル、そして「アリス」という少女の物語。それは彼らすべてを悲劇へと導いた驚愕の真実であった。一方、眠り続ける武士は自らの精神世界を旅する。そこには武士の良く知る「騎士」「ハートの女王」そして彼らが宿敵と呼ぶ「魔獣」ジャバウォック(CV: 池田秀一)がいた。
決戦の日が近づくにつれ、日に日に憎悪の力を増すジャバウォック。その力に怯える涼。そんな涼の背中を隼人とユーゴーが後押しする。グリーンの奮闘とバイオレットの尽力も空しく、カツミはキース・ブラック(CV: 置鮎龍太郎)の下に連れ去られる。そして、エグリゴリ本部「カリヨンタワー」を巡る死闘が幕を開けるのだった
第五部「帰還編」
ニューヨークでの死闘を制し、カツミを奪還。ARMSの力も消滅し、穏やかな日常を取り戻した4人だったが、ユーゴーの死は彼らの胸を締め付ける。そんな折、来日したバイオレットの口から涼はエグリゴリの残党による不吉な噂を聞く。一方、悪夢にうなされるカツミ。同居をはじめた恵もそんなカツミを心配する。だが、カツミの中に宿ろうとしている新たなARMSは4人の日常から平穏を奪い去るのだった。動き出した「プログラム・バンダースナッチ」。始まりの地・鐙沢村でカツミを見つけた4人だったが、再び悪夢が彼らを襲う。そして、人類の滅亡へのカウントダウンが始まるのだった。

キャスト

高槻涼 神奈延年
新宮隼人 三木眞一郎
巴武士 上田祐司
久留間恵 高山みなみ
赤木カツミ 三浦智子
アル・ボーエン 緒方恵美
ジャバウォック 池田秀一
ナイト 小杉十郎太
ホワイトラビット 中田浩二
高槻美沙 一城みゆ希
ユーゴー 本間ゆかり
キース・レッド 速水奨
キース・ブルー 石丸博也
キース・ブラック 置鮎龍太郎
キース・バイオレット 桑島法子
キース・グリーン 私市淳
キース・シルバー 川津泰彦

レビュー・感想

絵が上手いときと笑えるくらい崩れる時とありますがなかなか面白いです。昔のアニメは画力はないですがストーリーが良いのがやっぱり多いですね。スプリガンから好きなのでこのアニメ化は嬉しいですね。
ストーリーせいなどに関しては漫画の時と変わらず良い感じなのだが、動画即ちアニメになって個々の動きが古臭すぎる。
一昔前のアニメを見ているかのような低い技術力である。
確かに今風な技術的な動きをしている部位もあるが、ホトンドがキャラの動きなどの表現が古い。
その辺が、見ていて迫力感、熱中感に欠け残念でならない。
原作が大好きだったので全話みましたが、
とてもじゃないけどひどいです。
毎話、「先週のあらすじ」みたいなので時間つぶしします。
バラエティの、CMはさんで同じ映像を繰り返すのと同じ。
視聴者の記憶力を馬鹿にしているのか?
ストーリーが進んで、せっかく良い場面なところで、
別キャラの動向に切り替わってしまいます。
え? いまこっちの話を進めているところなのに、なぜそっちの話に
切り替わる?
ぜんぜん感情移入ができません。
爆発とか、動きの描写がべったり塗り絵になってて躍動感ありません。
原作がとてもいいだけにとても残念です。
アニメ製作の担当者は死んでいいです。
ある日の深夜、偶然目にとまったアニメ。
絵はコントラストが強く、キャラクターの口調は劇画チック。
ものすごいインパクトにクギヅケになっていると、人物たちが突然怪物のような姿に”変身”!?

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

PROJECT ARMSが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。