Paradise Kiss

基本データ

作品名:
Paradise Kiss
よみがな:
パラダイス・キス
放送:
2005年 10月
話数:
全 12 話
制作:
マッドハウス
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

早坂紫は、進学校に通う優等生。学校と塾と家を往復する人生に疑問を感じながらも日々を送っていた。

「ねえ! ちょっと!!」そんなある日、街で永瀬嵐に声をかけられる。彼は矢沢芸術学院の生徒で、学園祭のショーモデルを探していたのだ。そして出会うデザイナーの卵達。小泉譲二(ジョージ)、櫻田実和子、山本大助(イザベラ)。全く異なる世界の彼らに対し偏見を抱いていた紫だったが、一緒に行動するうちに、彼らの真剣に人生に向き合う思いやひたむきに夢を目指す姿勢に惹かれていく。

独特の魅力を放つデザイナー志望のジョージと恋に落ちる紫だが、自らも夢を見いだし、仲間はそれぞれ自分の道を歩き始めることとなる。

青春の葛藤や恋愛や友情を、瀟洒に描いた物語。

レビュー・感想

OPのトミーの歌もアニメーションもなんかビリっと来るものあった。
何より少女漫画には珍しくクルマの絵がサマになってる。
この辺は小林監督がBECKで見せたものに通じてると思います。
絵柄的に確かに今の潮流(特にオトコ)にはそぐわないかもしれませんけど、
そもそもノイタミナのコンセプトは「まるでドラマを見ているかのようなアニメーション」な訳で、
”退屈な日々に飽き飽きしていた少女がどこまでも不思議な魅力を持つ青年と出会い、惹かれ、ひいては彼女の人生観まで変わってしまう・・・”
そんなモロガチ・ラブストーリーに拒絶反応を起こすのは仕方ないことかもしれませんね。
第9話で、紫は、母にモデル事務所に入ることを認めてもらい、学校生活に戻る。
毎晩ジョージのことを思い、眠れない日々を送るが、ショ−のリハ−サルの日、学校を出るとジョ−ジが待っていた。
第10話は、ヤザガクのショ−の当日、ジョージたちはギリギリまでドレスの最後の仕上げをする。
第11話では、無事にヤザガクのショーを終えることができたが、残念ながらグランプリを逃す。
その夜、ジョ−ジの部屋にイギリスに留学中のクラスメ−トの香が現れる。
今から会いに行くというジョージに、紫は怒って部屋を飛び出してしまう。
第12話では、パラキスのメンバーたちは、卒業を迎え、それぞれの未来に向かっていく。
ジョ−ジはデザイナーの道を目指し、パリに行くことになり、紫に「一緒に来てほしい」と言うが、紫はは自分の道を進むことを決意し断る。
…というように、ほぼ原作に忠実なように見えるが、
第11話までは、丁寧に作られているのに、最終話がかなり駆け足状態で、もの足りなく感じる。
矢沢あいの漫画は、それぞれの登場人物の心情が本当にリアルに描かれていて、どのキャラクターも魅力的だ。
せめて、もう2話ぐらい引き伸ばして、最後まで丁寧にアニメにしてほしかったと思う。
ネット上(ぶっちゃけ2ch)での評判はまぁ、芳しくないです。
理由は色々あるんですけど、私の結論としては、答えは一つ。
この作品、「アキバ系」と方向性が真逆だから。
今のアニメ全盛はなんだかんだ言いつつアキバ系。ファッションは全く拘らない事を美徳とする方々にファッション万歳を訴えるアニメをぶつければ、評判が芳しくないのも当然でしょう。
しかし、だからこのアニメが駄目なのかと言えばそうではないと断言できる。
まず、伝えたいメッセージ性がしっかりしている。
それだけで100点を出しても良いと思うのですが、更に作画的に実写に近いリアル感バリバリの背景画で「現実味」を的確に表現し、尚且つ、キャラにはデフォルメを髄所に入れてアクセントを効かせている。 声優的にも主人公役山田優さんは声優としては無名ですが、なればこそ「普通の高校生」感が完璧に演出できている。
かつて「彼氏彼女の都合」で全く素人の榎本温子さんを声優に当てて成功した例があるように、少女アニメに関してのみは寧ろこの「素人さ」が適切。
最後に、今のアキバ系全盛に敢えて立ち向かったその姿勢に敬意を表して星5個でお願いします。
つい最近アニメ化されていたのを知り、拝見しました。
作画は原作っぽくて良かったのですが、キャラが動いた途端に違和感に苛まれました。
主人公の紫の声ですが、素人感を出すのは狙いだとしても大事なシーンではどうしても粗末に聞こえちゃいます。
他のキャラクターも演じ切れてないような気がして終始うーん・・・( ̄〜 ̄;)と、慣れるまで大変でした。
ギャグ絵は何度見ても( ̄〜 ̄;)でしたが・・・。
原作を未読の段階で見るとまた違う観点で見れるのだろうと思うのだけど、原作ファンとしては物足りない出来でした。
アニメ化は難しいですね。
でもOPが格好良いことや、衣装、とくにみわこが可愛い!ので★二つです
私はアニメの1話〜3話をみて「パラダイス キス」を知り、
コミックス全5巻を読み終えてからアニメ4話〜最終話を見ました。
アニメ11話迄でコミックス5巻の「STAGE39」迄を丁寧に制作していたのに、
最終話に「STAGE40」から「STAGE48」迄の9話分を押し込んでしまった為、
各キャラの描写が中途半端に終わってしまい、ラストに関しては残念な仕上がり。
特に、最後の紫の彼氏のくだりは、アニメでは誰なのか分からずに終わってしまうが、
弟の台詞を「彼氏」ではなく「○○さん」とするだけでも全然違っていたと思います。
とはいっても、アニメならではの表現(動きや音楽)はよく考えられており、
全体では楽しませてもらいました。
チャンスがあれば、最終話を2〜3話分のボリュームに作り直してもらえたら完璧です。是非実現を…
声優、特に主人公の声が不自然極まりない、と言うのは百歩譲って私の好みだとしましょう。
でも、絵も少し酷すぎると思います。キャラ全員顎がしゃくれてます。嵐は度々老人のような顔になります。
時々現れるギャグ絵(?)寒いです。無い方が良い。
意味のない台詞の改変も多いです。話を短縮する目的ならともかく、『サンドイッチ買ったんだけど、食べる?』を、『あの、一緒に食べませんか』に変えることに何の意味があるのでしょう。全然違う人の台詞みたいですよね。
また、原作を読んでいない方には急すぎて付いていけない展開も多かったように思います。
完全少女アニメなのは作画の時点でわかるが、とにかくひどい作品だ。
声優とキャラが微妙にあってない。声優の声が浮いて聞こえる。
新作アニメは必ずチェックしているが、ここまでひどいとはおもわなかった。
決して原作を否定しているわけではないが、アニメとしてはひどすぎる
原作でも大好きだったパラキスのアニメ化には正直大反対派でした;;
だってマンガのアニメ化ともなると、声が変だったり、肌の色がへんだったり、絵が雑だったり。。。(矢沢あい先生のキレイな絵が雑になるのは悲しい・・)たいていはイメージが崩れてしまうものですよね。
しかぁ〜し!これは違いました!ほんっとに原作に忠実で、絵もほとんどそのまんま!声もキャラにあっていて、特にジョージの声や美和子、イザベラの声はピッタリでした!イメージが崩れるどころか、イメージ通り!カラーもキレイだったし、実写の写真を入れるなどの演出も最高でした!
まだDVDにはなっていないですが,いずれ発売される最終話の演出や、ラストの終わり方には感動して涙してしまいました!
アニメだからといってあなどれない、ドラマの様なアニメでした!
原作を読んだ事ない人でも充分におもしろいと思うし、これをきっかけに
原作も読んでみたくなりますよ♪
自分の夢のことや可能性を信じてみたくなる、そんな、アニメの枠を超えたアニメです!(^Ο^)

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

Paradise Kissが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。