Project BLUE 地球SOS

基本データ

作品名:
Project BLUE 地球SOS
よみがな:
プロジェクトブルー ちきゅうエスオーエス
放送:
2006年 7月
話数:
全 6 話
制作:
A・C・G・T
みんなの評価:
話題性:
1
累計平均売上:
データ無し
タグ:

動画サイト

視聴可能な公式サイトが見つかりません。

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

概要

西暦2000年、人類は公害を出す事の無い究極のエネルギー発生装置・G反応機関を利用した爆発的な技術進歩と調和の時代を迎えていた。

そんな折、地球首都・メトロポリタンとニューヨークをわずか1時間半で繋ぐ超弾丸列車・イナズマ号が開通式当日にナゾの光に包まれ、文字通り“消失”するという奇怪な事件が発生した。

偶然消失の場に居合わせた2人の天才少年(ビリー(CV: 渡辺明乃)・キムラ(CV: 渡辺明乃)ペニー(CV: 斎賀みつき)・カーター(CV: 斎賀みつき))は事件を調査するうちに、世界各地で同じような事件が続発しているという事実を知る。

そして2人は国連が秘密裏に設立した地球防衛組織・迷宮機関と関わりを持ち、事件の背後に潜む、恐るべき地球外生命体の陰謀から地球を守る為に彼らの頭脳と、そこから生み出される数々の英知を駆使して戦いを挑んでいくのだった。

登場人物

少年少女たち

ペニー・カーター
声 - 斎賀みつき
1986年2月11日生まれ。マサチューセッツ工科大学を首席で卒業。1990年7月4日打ち上げの人類初の有人火星探査ロケットに搭乗していた、NASA所属の宇宙飛行士で操縦士の父と生物学者の母をバグア遊星人の攻撃によって失う。実際には両親は拉致されており、後にバグア遊星人のゾンビ兵にされ目の前で母親の死を経験する。両親がいないため普段は愛犬のワシントンと暮らしている。暗い過去からかニヒルな一面がありビリーとよく衝突するが、根は心優しい少年。境遇の似通うマーガレット(CV: 日笠山亜美)に好意を抱くようになり、最後にはバグア遊星人の根絶よりも、彼女の生存と願いに希望をかけてエレメントXを装置にセットする。
ビリー・キムラ
声 - 渡辺明乃
G反応機関の製造で財を成し総資産2000億ドルともいわれるキムラ財閥の御曹司。アメリカに住む日本人の父と金髪の母の間から生まれた日系2世。14歳でイギリス王立大学を首席で卒業した天才児。傲慢な面があり、またペニーとは何かにつけて衝突するが、根は純真な少年。ロッタ(CV: 広橋涼)に恋心を抱いている。
マーガレット
声 - 日笠山亜美
スチムソンの孫娘。ビリー達の前に現れ謎のメッセージを伝えた少女に容姿が酷似している。境遇の似通うペニーに好意を抱くようになる。実は彼女は人間ではなく、スチムソンが創った初代インファーベル=マスター・インファーベルだった。バグア遊星人に拉致された後に彼らの境遇に理解を示すようになり、最後はバグア遊星人が全滅した後に現れた赤ん坊を抱いて宇宙への旅に出た。
ロッタ・ブレスト
声 - 広橋涼
ブレストの1人娘。お嬢様らしい言葉使いと少々ずれた言動をし、よく気絶する。

迷宮機関のメンバー

アルバード・ブレスト博士
声 - 小川真司
迷宮機関を設立した科学者で同機関の責任者。
ジェームズ(CV: うえだゆうじ)
声 - うえだゆうじ
元アメリカ軍のパイロット。1995年1月7日にG反応ジェットエンジンを搭載した初の航空機の実験飛行中に、バグア遊星人によって誘拐され、肉体改造を施される。脳をいじられる前に脱出に成功し、迷宮機関に匿われる。彼らの細胞を移植されたがゆえに、超人的な活躍を見せまた何度も死地からよみがえるが、最後はバグア遊星人とともに死を迎える。
エメリー(CV: 大原さやか)
声 - 大原さやか
ロッタの家庭教師を務める金髪の美女。実は迷宮機関がロッタを護衛する為に派遣したエージェント。
アンダーソン博士
白人女性博士。ブレスト博士の右腕。バグア遊星人の解剖中に襲われてしまう。
李博士
奇抜な髪型の男性博士。ブレスト博士の右腕。バッキーショーの大ファン。
ウォルター
オペレーター。黒人男性。
マギー
オペレーター。白人女性。

その他

クレイトン大尉(CV: 池田勝)
声 - 池田勝
かつてアメリカ軍に所属していた国連軍の軍人。ジェームズの上官で彼が行方不明になった事故の真相を確かめ様と独自の調査を行っていた。ジェームズと再会後は彼の行動・様子に疑問を抱いている。ユニバースナイト発進の際に怪人と格闘して重傷を負い死亡する。コードネーム:×3。
トーマス・スチムソン教授
声 - 品川徹
常人の理解を超えた数々の学説を発表して学会を追われた「変人」科学者。その後、独自の調査で銀河系には地球以外生命体が存在しないことを知る。それならばと自らの手で人口生命体インファーベルを創り、宇宙へと送り出す。後に爆発的進化を遂げた彼女らがバグア遊星人となって地球を襲う。自らの失敗に気づいた博士は、エレメントXをシノニムの棲み家に託した。故人。
フリーマン
声 - 鈴木勝美
国際連合事務総長。バグア遊星人に降伏するとみせかけて自爆テロを狙うが失敗し殺されてしまう。
ホーナー
声 - 小山武宏
国連軍の司令官。バグア遊星内で戦死。
声 -
妨害活動や諜報活動を行う、バグア遊星人の手下と思しき怪人。何度も死地から甦るが、最後はクレイトン大尉の一撃で倒される。
トニー・キムラ
声 - 稲葉実
ビリーの父親でキムラ財閥の会長。メトロポリタンに構えた大きなビルに息子と共に住んでいる。家族を大切にしており、息子を愛しているが当人からは少し鬱陶しく思われている。インビンシブル号建造に出資している。また、人気ラジオ番組バッキーショーのスポンサーでもある。
オデンワルド教授
声 - 楠見尚己
ケニーが卒業した学校の恩師で、スチムソンの知人だった教授。G反応機関を停止させる電磁性物質エンゼルヘアーの解析を依頼されるが、怪人に殺される。
トレーシー
インビンシブル号救助の為のロケット打ち上げ計画にビリーがクルーとして雇った老宇宙飛行士のコマンダー。打ち上げ直後にバグア遊星人によって攻撃され死亡する。息子(トレーシーJr、声:志村知幸)と孫娘がおり、息子はビリーが失敗に打ちひしがれていた際に、トレーシーの気持ちと覚悟を伝え彼を勇気づけた。

キャスト

ビリー・キムラ 渡辺明乃
ペニー・カーター 斎賀みつき
ロッタ 広橋涼
ジェームズ うえだゆうじ
エメリー 大原さやか
マーガレット 日笠山亜美
クレイトン大尉 池田勝
ブレスト博士/ナレーション 小川真司
フリーマン国連事務総長 鈴木勝美
ホーナー国連軍司令官 小山武宏

レビュー・感想

私が子どもの頃に胸を躍らせてプラモデルを作っていたものだが、その多くの箱絵を手がけた小松崎茂氏が原作を書いた「地球SOS」のアニメ化作品。
正直「Project BLUE 地球SOS」と言うタイトルもちょっと古風だし、主人公のキャラデザインも可憐さやパンチが無いのでスルーしそうになったが、深夜のテレビ番組でたまたま観たらそれなりに面白いストーリーだったのでファンになった。
小松崎茂氏の世界観を忠実にアニメ化したデザインワークはどこかしら未来的でありながら懐かしさを感じさせる。それらをCG等を駆使しながら丹念に上質な画に仕上げているところは評価したい。登場するUFOが古めかしいデザインなのであるが、謎の少女が現れるあたりから次が観たいと思わせる展開が始まる。
大々的に流行った作品で無いかも知れないが、「Freedom」や「東のエデン」等が好きな人にはお薦めしたい。
時間の流れは1巻が終わって直ぐの話です。今回は、宇宙人による誘拐事件が話で、まだまだ敵の目的や親玉が姿を現しませんが、色んな付箋が引かれていて次回が待ち遠しいです。で今回観てて、昔 NHKで「ふしぎの海の ナディア」をテレビで観てたときの様な感じを思い出しました。家族で観ても楽しめる作品です!そう思った 2巻です。
物語の起承転結にはそれぞれの「運び方」というのがある。
物語の最後でカタルシスを得るための作劇としてピンチの連続、と
いうのもやり方としては正しい。
だが次の話が見られるまで一ヶ月二ヶ月の間隙を強要されるOVA
としてこのやり方は本当に正しいのか。
かつて『勇者王ガオガイガーFINAL』とか『ジャイアントロボ
〜地球が静止する日』のように劇中でイベントを乱打し、結果とし
て「刹那の逆転劇を喜んでも次の瞬間それを予想していたかのよう
な反撃に叩き伏せられる味方の惨劇」を延々と見せられる憂き目に
あわされては購買層はたまらない。
次巻の最終話でそれなりの「スッキリ感」はあるもの…と希望は
一応抱くがこの5話を観る限り人類の科学技術レベルがそうそう
劣る訳ではなさそうだし脚本の練り込み不足はあるだろう。
全巻購入して通しで鑑賞した人間のみが楽しめるお相手限定の楽し
みというのは、はて存在意義がどれだけあるのだろうか。

初月無料で大量アニメ見放題音楽聴き放題
ギフト券購入でクレジットカード不要。

おすすめ

Project BLUE 地球SOSが好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。