THE ビッグオー(第1期)

基本データ

作品名:
THE ビッグオー(第1期)
THE ビッグオーシリーズ)
よみがな:
ザ ビッグオー
放送:
1999年 10月
話数:
全 13 話
制作:
日本サンライズ
みんなの評価:
話題性:
2
累計平均売上:
6,241 枚/
タグ:

動画サイト

オープニングや予告の動画を探す

概要・あらすじ

時は今から100年後、ところはかつてマンハッタンと呼ばれていた「記憶を失った街」パラダイム・シティ。この街の住人は、40年前に起きた“何か”によって、パラダイムシティを残し他全ては死滅、そしてそれまでの記憶(メモリー)を―その“何か”に関する事も含めて―全て失っていた。しかしメモリーは、時に思わぬ形でその姿を表す。

主人公のロジャー(CV: 宮本充)・スミス(CV: 宮本充)は、凄腕のネゴシエイターとしてパラダイム・シティで仕事をしている。過去の記憶を失って40年、ようやく再建されはじめた街の法秩序は完全ではなく、ネゴシエイションを必要とする場面は多い。だがしかし、そんな街において交渉だけで事が済む場合は少なく、荒っぽい暴力に訴えてくる相手も多い。そんな時、彼はメガデウス・ビッグオーを持ち出し、力に力で対抗する。そんなある日のこと、ロジャーはひとつの依頼を受ける事になる。令嬢誘拐犯とのネゴシエイトという、彼にとっては朝飯前の依頼だったが……。

やがて彼はこの世界の謎と向かい合い、過去のメモリーと相対することになる。パラダイムシティを支配するアレックス(CV: 石塚運昇)、謎の女エンジェル(CV: 篠原恵美)、存在するはずのない「異国」。ビッグオーとロジャーとの関係が深みを帯び始め、主人公であるロジャー、アンドロイドであるドロシー、全ての登場人物が自分を取り巻く世界を信じられなくなった時、ロジャーはこの謎だらけの世界と対峙する。

キャスト

ロジャー・スミス 宮本充
R・ドロシー・ウェインライト 矢島晶子
ノーマン・バーグ 清川元夢
ダン・ダストン 玄田哲章
エンジェル 篠原恵美
ビッグイヤー 辻親八
アレックス・ローズウォーター 石塚運昇
ゴードン・ローズウォーター 納谷悟朗
シュバルツバルト/マイクル・ゼーバッハ 堀勝之祐
ジェイソン・ベック 大塚芳忠
ダヴ 千田光男
T・ボーン 園部啓一
ティモシー・ウェインライト 石森達幸
アラン・ゲイブリエル 二又一成
ヴェラ・ロンシュタット 紗ゆり

レビュー・感想

サンライズのロボットアニメーション。
全ての人間が記憶を失った街を舞台に、巨大ロボットを操るネゴシエーターが様々な事件に挑む。
が、物語は謎が謎のまま打ち切りっぽい終わり方。
アンドロイドと人間の愛情や、人類の原罪など、
興味深いディテールを持っていただけに残念。
オープニング曲がいかす。
続編希望。
物語は50年代のアメリカを彷彿とさせるレトロ感にあふれた未来都市「パラダイム・シティ」。この世界の人々は40年前のある日を境に、それ以前の記憶を失っています。アンドロイドも巨大ロボットも存在するのですが、それは過去に失われたスーパーテクノロジーの遺物なのです。
「ドロシー・メニュー」カットが痛い。
でも、まとめて買うには丁度いいのではないでしょうか。
星一つ減点という事で…
40年前以前の記憶を失った街パラダイムシティ。スタイリッシュな映像と謎めいたストーリー&登場人物。そしてちょっと懐かしいデザインの巨大ロボット。三位一体の絶妙な絡みで仕上げられたこの作品、年齢が高い人ほど引き込まれてしまうはず。大人向けアニメの秀作です。見ているあなたはNOT GILTY. さぁ、It,s showtime!!
作品の魅力については取り敢えず他の方にお任せさせて頂きます。volume3にはAct:04“Underground Terror”(邦題「地底で笑う呪いの包帯魔人」)とAct:05“Bringback My Ghost”(邦題「霧の夜の怪! 亡霊ロボ出現」)の2作品を収録。真実の探究者、メモリー・ディガーのシュバルツバルトが初登場し、ロジャーやドロシーは恐怖に怯え、腐敗した軍警察の実体が明らかになります。

おすすめ

THE ビッグオー(第1期)が好きな人には以下の作品がおすすめです。

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。