表示オプション
順番 人気順 | 売上順 | 再生回数順 | 全話完走率順
年代 すべて | 2019 | 2018 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1996-1999 | 1991-1995 | 1980-1990
タグ 漫画 学園 ファンタジー コメディ 球技 4コマ漫画 少年漫画 魔法 横浜 ゲーム
  • てーきゅう(第3期)

    てーきゅう

    架空の学校である亀井戸高校を舞台とし、公式なジャンルは「スーパーハイテンションギャグコメディ」と称される。テニス部員を描きながらテニスの練習や試合に主眼をおかず、漫画・アニメ双方の公式サイトなどには「テニスをほとんどしないテニス漫画」と記される。一話毎に話題の変わる漫画であり、各話を一貫して繋ぐ物語は無い。『コミ...

  • ふたりはミルキィホームズ

    探偵オペラ ミルキィホームズ

    統括プロデューサーの中村伸行によれば、原則として時系列的にはゲーム版の後日として位置づけられているとも説明している。後述にもあるがパロディネタを含んでおり、推理小説だけでなく『それいけ!アンパンマン』、『ルパン三世』、『ギャラクシーエンジェル』シリーズのネタも存在する。声優陣はゲームとのキャラクターの違和感をほぼ...

  • 君と僕。
    • 評価:
    • 全話完走率: 79.3 %
    • 放送: 2011年
    • 全13話

    小学校からの幼馴染コンビ・あきらと東晃一(こーちゃん)が穂稀高校の学生だった頃、職場体験(保父さん)として陽だまり幼稚園へ行く。その時に出会った4人組が双子の浅羽兄弟と塚原要・松岡春だった。この4人の園児たちが揃って穂稀高校に進学し、双子の弟が帰宅部のまま高校2年へ進級したのだった。高校生編...

  • 生徒会役員共*
    • 評価:
    • 全話完走率: 75.3 %
    • 放送: 2014年
    • 全13話

    舞台は、少子化の影響で女子校から共学校となった私立高校・桜才学園。新入生の津田タカトシは、ひょんなことから生徒会長・天草シノによって生徒会副会長に任命される。一般に堅いイメージがある生徒会だが、桜才学園の生徒会には癖のあるメンバーが待ち受けていた。

  • リコーダーとランドセル ミ☆
    • 評価:
    • 全話完走率: 74.7 %
    • 放送: 2013年
    • 全12話

    『まんがくらぶオリジナル』(竹書房)2007年10月号にゲスト掲載された後、2008年2月号より連載中。また『まんがライフオリジナル』(同)2010年8月号にゲスト掲載された後、2011年5月号より連載中。2012年12月現在、単行本は5巻まで刊行されている。

    小学生離れした風貌の男の子・あつしを中心としたギャグ...

  • エルフを狩るモノたちII

    エルフを狩るモノたち

    とある事件で召喚魔法の使い手、セルシア・マリクレールによって現代日本からファンタジー世界へと召喚された龍造寺淳平小宮山愛理井上律子の3人だったが、日本に戻るための送還呪文が儀式中の事故によって飛び散ってしまう。若い女性のエルフの肌に模様として張り付いたという5個の呪文のかけらを探すため、世界中のエルフを探し出...

  • 銀魂' 延長戦
    • 評価:
    • 全話完走率: 73.7 %
    • 放送: 2012年
    • 全13話

    ゴールデンタイム前後の放送枠ながら、シリーズ構成の大和屋暁と監督の高松信司の手腕により原作のテンションと毒を巧みに再現し、過激な部分を含めてほぼ忠実なアニメ化がされた。

    アニメオリジナル要素として世代ギャグやパロディ、高松お得意のメタフィクションネタなども積極的にアニメ化され、放送枠移動や打ち切り、原作への追いつ...

  • 男子高校生の日常
    • 評価:
    • 全話完走率: 73.2 %
    • 放送: 2012年
    • 全12話

    スクウェア・エニックス刊『フレッシュガンガン』(『月刊少年ガンガン』増刊)2008年春号に読み切りとして掲載された後、同社のウェブコミック配信サイト『ガンガンONLINE』で2009年5月21日更新分から2012年9月27日更新分まで連載された。毎週木曜日更新。単行本はガンガンコミックスONLINEから発売されて...

  • 侵略!イカ娘
    • 評価:
    • 全話完走率: 72.3 %
    • 放送: 2010年
    • 全12話

    イカ娘は、海洋汚染を続けてきた人類を侵略するために地上へやってきた。しかし、最初の侵略拠点として目をつけた海の家「れもん」すら制圧できず、結局そこで働かされるはめに。果たして、イカ娘が人類侵略を達成する日は来るのだろうか。

    この物語は、イカ娘とその周りの個性豊かな人間達が繰り広げるドタバタコメディである。

  • キルミーベイベー
    • 評価:
    • 全話完走率: 70.2 %
    • 放送: 2012年
    • 全13話

    ○がつ×にち。きょうはあさおきてがっこうにいってソーニャちゃんとあそぼうとおもったらなぐられました。きょうはぜんたいてきに、いぬをしのびてさくらさくかんじでした。(やすな)

  • 鬼灯の冷徹
    • 評価:
    • 全話完走率: 69.7 %
    • 放送: 2014年
    • 全13話

    戦後の人口爆発や悪霊の凶暴化により、地獄は人材不足による大混乱に陥っていた。そんな中、史実とは違って頼りない閻魔大王に代わり、様々な問題の後始末を影で行っているのは第一補佐官・鬼灯だった。この物語は、ドSで冷徹な鬼灯の日常を描いたものである。

  • 帰宅部活動記録
    • 評価:
    • 全話完走率: 69.0 %
    • 放送: 2013年
    • 全12話

    高校に入学したばかりの安藤夏希は部活での上下関係が面倒くさいと「部活動はしないで、帰宅部でいいや」と考えていた。しかしそれを聞いた夏希のクラスメイト・塔野花梨は「実はこの学校には『帰宅部』という名前の部活動がある」と彼女を部に紹介する。部長の道明寺桜以下の部員は「...

  • 瀬戸の花嫁
    • 評価:
    • 全話完走率: 69.0 %
    • 放送: 2007年
    • 全26話

    瀬戸内の祖母の実家に遊びに行った満潮家の一人息子・永澄は、海水浴中に溺れた所を人魚の少女・瀬戸燦に助けられたのだが、人魚にはある掟があった。それは「身内以外の人間に人魚の姿を見られた場合、どちらかが死ぬ、または人魚の正体を知った人間が人魚の身内となる」というもの。そのため、死ぬか身内になるかを選択した永澄と燦は結...

  • よんでますよ、アザゼルさん。Z
    • 評価:
    • 全話完走率: 68.8 %
    • 放送: 2013年
    • 全13話

    悪魔使いの少年・小山内が契約した悪魔・オセとともに、哀☆カレー博の人気キャラクター・モッさんの人形を大量に複製してひと儲けを企む堂珍。実はこのモッさん人形のモデルであり、天使にグリモアを奪われ消滅したモロクには弟・モッさん二世がいた。人形を魔界に持ち込み、モッさん二世に見せるアザゼルとベルゼブブ。死してなお辱めを...

  • かいけつゾロリ
    • 評価:
    • 全話完走率: 66.7 %
    • 放送: 2004年
    • 全52話

    2004年2月1日から2005年2月6日まで、メ〜テレ製作・テレビ朝日系列で放送された。全52話。

    アニメーション制作はアンバーフィルムワークス(メイン)と亜細亜堂であり、本作としてはメ〜テレ日曜7:00枠では珍しくサンライズが関与しておらず、ジャンルも数少ないファミリー向け作品であった。

    2012年3月21日か...

  • マジカノ
    • 評価:
    • 全話完走率: 66.7 %
    • 放送: 2006年
    • 全13話

    3人の妹を持つ平凡な男子中学生・吉川春生。彼の通う学校に、ある日不思議な雰囲気を持つ美少女魔宮あゆみが転校して来た。その後、なんと春生の家にあゆみの姿が。あゆみはメイドとして住み込むことになったのだ。

    実はあゆみの正体は魔法界で最高の財力と歴史を誇る魔宮家の長女、つまり魔女であり、彼女は「未来見の鏡」によって受け...

  • あいまいみー -妄想カタストロフ-
    • 評価:
    • 全話完走率: 65.9 %
    • 放送: 2014年
    • 全12話

    単行本第1巻の紹介に「常識に縛られない4コマ。」とあるとおり奇想天外な展開を特徴とするギャグ漫画で、2011年4月放送のテレビ番組「人志松本の○○な話」において4コマ漫画に詳しい芸人・向清太朗により“今の時代には早すぎる漫画”との意味で「未来の4コマ漫画」と評され、注目された。4コマ10本から15本前後で1話を構...

  • じょしらく
    • 評価:
    • 全話完走率: 65.9 %
    • 放送: 2012年
    • 全13話

    アニメ版の主要な舞台となる新宿末廣亭

    ガールズ落語家漫画。作中で「この漫画は女の子の可愛さをお楽しみ頂くため邪魔にならない程度の差し障りのない会話をお楽しみいただく漫画です。」とあるように、日常のどうでもいいことからネタを広げながら話を展開させていく。表向きでは落語漫画ということになっているが、実際に落語をする姿...

おすすめアニメ診断をぜひお試しください。